病院に行くには抵抗感というか、いくつかの壁があります。

ED治療で病院に通う場合、その行先は「泌尿器科」になるのですが、まず受付でEDである事を伝えなければいけません。

病院の受付は基本女性なので、ここに1つの抵抗があると思います。

更に、受付の方は単なる事務職で専門的な医療知識は無いため、EDの治療を受けたいと言っても、

「ED?それは何ですか?」

と聞き返されてしまう事が多々あり、その場で自分巨人倍増のペニスが勃起しない事を説明をしなければなりません。

これは非常に恥ずかしい事だと思います。

何とかこの壁を超えられたとしても、次に問診と身体検査があります。

問診では勃起の角度など、ペニスの状態を細かく聞かれる事は勿論、最近の性事情まで深く突っ込まれます。

1ヶ月のセックス回数や、性行した人数など、デリケートなプライバシーをガッツリ晒さねばなりません。

更に、身体検査ではシアリス 通販ペニスの歪曲状態や硬さを調べられたり、肛門から指を入れられて前立腺の大きさや括約筋の強さを測定されたり、亀頭をつまんだ時の反射なども見られます。

場合によってはペニスに機械を付けて、ポルノビデオを見させられ、勃起度を測定される事もあるのです。

私はここまでの辱めを受ける事に、どうしても強い抵抗感が抜けませんでした。

しかも、ED治療は基本的に保険が効きません。

診断の結果、血流など肉体的な問題(器質性)が原因と判断されると、そのまま泌尿器科で治療を受ける事になり、精神的な問題(心因性)が原因と診断されると、精神科や心理相談所を紹介される事になるのですが、どちらにせよ保険は効きません。

料金は治療内容や病院よってマチマチですが、高いところになると1回の診療で3万円~10万円するところもあります。

勿論、三便宝勃起薬にも保険は効かず、1錠当たり1,500円~2,000円程度はしますので、経済的な面からも大きな壁がありました。

更に、大病院の泌尿器科はかなり混んでいて1~3ヶ月くらい待たされるのは当たり前、しかも1~2回の通院で治るわけでもありません。

労力、面倒臭さという面でも、大きな抵抗感があると思います。

もうここまで来ると、リスクを覚悟の上、インターネット上からバイアグラを購入しようと考えるようにもなりました。

そして、薬に関する様々な情報を集めるようになったのですが、そんな中で、私は1人の男性に行きつく事になります…



このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています